制作実績

制作実績

2015.07.20

スツール

桜スツール sakura-stool

桜スツール

桜の形の座面に
チェリー(桜)材で製作





チェリーといえば「アメリカンブラックチェリー」のことを指す方が一般的で家具材としてとても人気のある材料です

樹皮が黒々としていることからブラックチェリーと呼ばれるようになったとされます。

アメリカンブラックチェリー材の産地は、おもに北米東部の全域。

バラ科サクラ属の広葉樹で、その中でもアメリカンブラックチェリーは絶大な人気を誇ります。

パイプ愛好家にも使い込むほどに風合いが増すと根強い人気があります。



様々な樹種がりますがチェリーは格別に触り心地が違うことがわかります。

樹種によって違う触り心地は、道管という地中から水を吸い上げるための管の配列などが関連しているのです。

人が木の触り心地を判断するのは、手のひらや指の皮膚感覚です。

チェリー材や、他にはハードメープル材など表面がスベスベする樹種はこの孔(道管)が散在している散孔材なので、皮膚の感覚では孔(道管)のエッジを感じにくくなり、
つるっとした感覚を感じることができます。

逆に孔(道管)が年輪(環)に沿って規則正しく配列される材を環孔材といってケヤキ材やナラ材などが代表的な樹種です。

孔(道管)が密集していると、人間の皮膚の感覚でも凹凸を感じることが出来るのです。


チェリー材は環孔材のようなハッキリと道管を感じるものとは違い、かすかな凹凸感じることによって、癒しがあります。






サイズ  :w250d250h300
材質   :チェリー
塗装   :クリアオイル
金額   :15000円