制作実績

制作実績

2022.05.16

キッチン

バックカウンター宝塚市 I邸

兵庫県宝塚市I邸

オークキッチンカウンター



ステンレスの天板にオークの突板の組み合わせ
キッチンなどの水回りのてんばんには一般的に
人工大理石、木製、メラミン(ポストフォーム)大理石などなど
様々なものがあります。
ステンレスの特徴としましては
昔から流し台と言えばステンレス製が一般的ですが、キッチンにステンレスが使用される理由は、
何よりも水に強く錆びにくいという特徴があるからです。ステンレス自体の研究も進み、
SUS304というステンレス素材は、昔のステンレスに比べて強度も増しているため、キッチンにはおススメ

ステンレスは、汚れが染み込みにくく衛生的にも優れているといわれています。
木を使わずオールステンレスの厨房機器のようなデザインで無機質なものもかっこいいですよね
価格はかなり高額になりますが

このように水や錆に強く、衛生的にも優れているステンレス天板ですが、
実用性とコスパを重視したい人には、ステンレス天板は非常に有効な選択肢です。


また素材的には、使用年数が経過すると、光沢がなくなってきたり、くすみやくもりが出てきます。
また鍋敷きを使用せず、長い間、鉄製鍋を置いたままにしておくと、
もらい錆びが付着することもあります。一度、錆が付いてしまうと取り除くのは大変ですから注意が必要です。

仕上がりにもHL,バイブレーション仕上げなどいろいろな仕上げもあります。



このように、ステンレスにも良いところばかりだけでなく悪いところもあるのですが、上記のとおり加工が施された製品は多く出ていますし、掃除や手入れの時には、キッチン泡ハイターなどを使うと水垢が目立つようになるので避けるようにしましょう。

ちなみに、ステンレス製のキッチンにつく水垢はアルカリ性でできているので、酸性の性質を持つアイテムを使うと中和しあって柔らかくなります。

そこで便利なのがクエン酸です。

まず、クエン酸で「クエン酸水」を作り、水垢部分にキッチンペーパーをかけ、その上からクエン酸水をパックするようにすると水垢を除去するのに効果がありますよ。

30分~2時間ほど放置してからキッチンペーパーを外し、水垢をスポンジでこすりおとし、水で流し、乾拭きすればきれいに戻ります。



キッチンの収納引き出しのワイドが800mmあり下段の二段には
食器を収納するため深さも200mm
引き出しに食器を収納することでキッチン周りがすっきりとたくさん収納でき
取り出しやすいかと思います。

収納に関しては現在ご自分のお持ちの食器キッチン用品の大きさを確認しまた今後購入予定のものなどを考慮して
設計される方法と
思い切って収納に合わせた物のみ収納し断捨離することも1つの収納術だと思います。









宝塚市I様邸

material :     top sus  oak
size :               w2500d650h850
finish :           クリアオイル
prodacts no :  オーダー 家具 
prise :            オーダー価格 
施工:逆瀬川ハウジング株式会社
 
素材、仕上げ等オーダー
商品のお問い合わせはこちら→ お問い合わせ